2009年06月30日

本格焼酎 桜島



沖縄は

ついに梅雨明けとなったそうです。


関東地方は

いったい何時になることやら。




今日から

タコ助君は、期末テストでございます。

中間考査の後、

野球に明け暮れた結果が

どのように反映されるのか。





さて、

仕事帰りの一杯に

「 発泡酒 」

を、あおる毎日ですが、

さすがに、2本、3本と

500mlを呑み続けると

飽きが来ますし、腹が膨れます。


どうせ、

身体がアルコールを

欲しているのだから

もう少し、

満腹感を抑えたい。

当然、アルコールエンゲル係数も抑制したい。



そんなわけで、

懐にやさしい焼酎を見つけました。

芋焼酎 桜島.JPG


本格焼酎

「 桜島 」

黒麹仕立て

本坊酒造株式会社 公式サイト→http://www.hombo.co.jp/




何が、本格焼酎なのか

よくわかりません。

白麹仕立て というのも

ありましたが、取り敢えず

黒 を買ってみました。


芋焼酎 桜島製造元.JPG

信頼のおけそうな

認証ラベルも

ほら、このとおり・・・。



焼酎通の方からすれば

「 なんだ、この焼酎は!! 」と

厳しいご指摘を受けるのは覚悟の上です。





されど

この味とお値段なら




・・・・・・・納得      です。




タグ:芋焼酎
posted by kato-chan at 21:00| 東京 ☔| Comment(0) | 嗜好品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

GLOCK 18C 【世界最強・最軽量】



クロック18.JPG

バレル、スライドを除く
本体主要部品のほとんど全部が
特殊なポリマー(プラスティック)製で
構成されている「グロックシリーズ」。

三重の安全装置を組み込んでいるものの
マニュアルセイフティとしては
トリガー前面の小さなレバーのみ。

ダブルアクションとも
シングルアクションとも
言えない独特のトリガーメカニズム。

そして軍用拳銃として
理想的な高い耐久性と対候性。

過酷なテストの結果
1983年
生産国であるオーストリア国防軍の
正式採用拳銃
「Pistole 80」として採用され、
世界的な注目を浴びた。


クロック18外箱.JPG

その拳銃はやがて
「グロック17」という
コマーシャルネームを冠され、
銃器大国アメリカをはじめとする
全世界の銃器市場を
席巻することになった。

「グロック17」のネーミングは
装弾数が17+1発であったこと。

コマーシャル市場に登場した時点で
獲得していた特許が17あったこと。

などが由来とされている。

この
「グロック17」に次ぐ
2番目のバリエーションとして
「18」のナンバーを授けられながらも
今日まで幻の存在とされている
究極の戦闘拳銃がある。

それがマシンピストル
「グロック18」シリーズだ。

グロック18 東京マルイサイト↓
http://www.tokyo-marui.co.jp/cgi-bin_ex/openDetail.cgi?idx=195

その圧倒的な火力・攻撃力から
世界各国どの国においても
一般人の所持は認められず
厳しい
「 Law Enforcement Only 」
(法執行者以外は所持・運用禁止)
の制限が設けられている。

秒間20発以上という高い発射速度でも
コントロールが容易と言われている
「グロック18」。



クロック18その2.JPG












警告!!


カラスたちよ、

小生宅の上空は





危険だ!!





タグ:エアガン
posted by kato-chan at 18:21| 東京 ☔| Comment(2) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

タコ助 \ 【それぞれのバトンタッチ】



当直明けの

重たい身体を引きずって

タコ助君の試合観戦です。





早朝から

親病院の教授(元パン屋)らを招き

当病院の医師たちも

休日出勤協力を惜しまず参加しての、

品格の高い当病院です。

休日出勤手当ては当然支払われております。

労働基準局の皆様、

ご安心を。


4ヶ月に一度の

「総回診」



を横目に

少ない予約を、そつなくこなし

次の当直者へ

バトンタッチです。





総回診に協力出勤していた

馬油先生が、

小生の引継ぎを待っていてくれて

(ありがとうねぇ)

連れ立って

試合球場へ向かいました。





3回表、

タコ六中、守りからの観戦です。



対戦相手は、強豪、エバ四。



タコバッター.JPG







試合は

3回裏に1点をもぎ取ったものの

試合終了.JPG

去年と同じく

3位の成績となりました。








タコ助をはじめとする

9年生は

これで、中学時代の

「野球」

に、別れを告げ

後輩たちへ

バトンタッチとなります。







試合終了カッチャン.JPG
泣いてます。.JPG
最後のミーティング.JPG






城南地区では

ほぼ無名だった

「タコ六中」は

去年、今年の大会を通じて

その存在をアピールしました。





その功績は

彼らの

今後の宝物になるに違いありません。












ちょっと、気になったのが

この娘 だれ?.JPG

タコ六中側ベンチ裏から

見詰める彼女。






タコ六中には在籍していないぞ、

この女子は。




校章やかばんも違う。


なのに、タコ六中を応援している。







いったい、だぁれ?












posted by kato-chan at 22:53| 東京 ☀| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。