2011年02月15日

翻弄される人生 − 一応、最終回? −

贈り物.jpg

昨晩からの雪は
朝方には止んでいました。

しかし、
小生の家の周りや通勤途中の道には
シャーベット状に積雪が残っっており
度々、足元をすくおうとしています。

こんな日に何で・・・



今日は、
逝大学セントラル病院勤務最終日。


明日からは
現在の所属病院から籍を抜き
新たなる職場へ赴きます。



taya−pan先生、
酔いつぶれてガチャピン先生と
自宅まで運んでくれてありがとう。
当直の本日も色々あるかと思いますが
若さで苦難を乗り越えてください。
あと、
あなたの軌跡を知るためにも
是非、ブログの再開楽しみにしています。


最後にお会いできなかったガチャピン先生。
馴れない初期の当直の際には
色々お気遣いいただきありがとうございました。
今度は目黒、ご一緒しましょう。
三田はパスします。


big−mouth先生、
退社際に声をかけられるずにごめんなさい。
あなたも、21日からは
セントラル病院を離れ、大口患者のある企業へ派遣されます。
これまで、色々と小生をフォローしてくださり
ありがとうございました。
今後は
馬油先生やmakoto−jin−rei先生たちとの
撮影会、楽しみにしています。


馬油先生。
あなたとも最後にお会いすることなく残念です。
後任される患者さんには色々案件を残してしまい
申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。
撮影会、楽しみにしております。


makoto−jin−rei先生。
セントラル病院の前身に赴任した小生は
あなたの一挙手一同が逝大学病院現場のスタンダード?と観察していました。
大学卒業後一貫して当大学の付属病院を経験し
酸いも甘いも知っておられる小生にとっての師でした。
小生が知らない逝大学での医師としての生き方を
あなたから学ばせていただきました。
今後の現場は
あなたが中心となって盛り立てて行く事を願っています。


そうそう、副院長から本日、
「呑みに行こう」と誘われておりましたが
朝起きたときから喉に違和感を感じており
夕方には咳が出て熱ぽかったので
丁重にお断りさせていただきました。


改めて近いうちに。




たとえば
big−mouth先生の壮行会などあれば
参加させていただきたいと考えています。



















最後に
小生は、
影ながら皆様方のプラスになるよう。

強いては逝大学がこれからも後世に得を残せる
優良病院を守れるよう患者情報、他病院情報を収集していきます。





















無能な小生に関わっていただいた仲間の皆さん。




これまで

本当にありがとうございました。




皆様のおかげで

我が病院で小生が存在できたと

感謝しております。

















タグ:退職
posted by kato-chan at 21:55| 東京 ☀| Comment(8) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

翻弄される人生 その3 【 小生の心を映した空模様 】

雪模様.jpg

天気予報のとおり
東京もお昼からまた降雪となっております。


午前中の降り方からは
積雪は無いだろうと思われましたが
いったん止んで午後から降り出した感じでは
いやぁ〜な雪質となっております。


多少、
積雪を記録しそうな勢いです。





さて、
昨晩は送別会が執り行われました。




担当患者にトラブルが発生し
小生の出席が大幅に遅れたことを
この場をお借りしてお詫び申し上げます。



院長、副院長をはじめ多くの仲間の医師たちの参加を頂き
小生ごときのために誠にありがとうございました。





でもね、本当は
送別会などやってほしくなかったわけで。


このまま、
この病院から籍を外れることを体感したくなかったわけで。


「 あんたはもうここの人間じゃないんだよ! 」


この事実を公にお披露目しちゃう会なんかいらなかったわけで。









残り2日間。







ベストをつくして
参りましょう。








タグ:送別会
posted by kato-chan at 13:27| 東京 🌁| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

翻弄される人生 その2 【 八百長人事? 】

人生2.jpg

あれから6日目を迎えました。


複雑な思いのまま
主要患者の後任担当医への引継ぎが始まりました。


小生がどのようなプロセスで今回の人事に到ったのか
後任医師たちが尋ねてきます。


「 なぜ、あんたなの? 」的なニュアンスが
小生への質問に込められているのが
言葉の端端から伝わってきます。


正直、
小生も ? なのです。


「 なぜ、 小生なの? 」と
聞き返したい。
そんな気持ちなのです。

















退職まで残り10日。



心の準備を早めに終わらせ
次なる場所でのスタートをスムーズにしないと


ね。











posted by kato-chan at 14:38| 東京 ☁| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。